Shopping Cart
非ニコチン電子タバコを使用する必要な理由 | Vapepenzone Japan

非ニコチン電子タバコを使用する必要な理由

非ニコチン電子タバコを使用する必要がある七つの理由を次に示します。

電子タバコの最良の部分の1つは、独自のニコチンスタミナを選択できることです。ニコチンも含まれていません。多くのベーパーは、ニコチンが完全にノーに達するまでニコチンを離脱することを目標に、ベーピングを始めます。蒸気を使ってタバコの喫煙を止め、ニコチンも止めます。タバコを離した後もニコチンなしで蒸気を吸う人もいます。ニコチンVAPE リキッドと非ニコチンVAPE リキッドの両方を利用する人もいます。また、最終的には、ニコチンをまったく利用したことがない人もいます。

非ニコチン電子タバコにはたくさんの選択肢があり、それらを選ぶ理由もたくさんあります。ニコチンを含まないJUULカートリッジ、ニコチンを含まないRELXポッド、またはニコチンを含まないVAPE リキッドをお探しの場合は、お気軽に電子タバコVapepenzoneでご注文ください。 20種類以上の0〜5%の強度のポッドを世界中に出荷しています。

ニコチンの毒性の欠如

ニコチンを含むVAPE リキッドとは異なり、ニコチン液体を含まない電子液体の有効成分は、一般に食品グレードの成分で構成されています。ニコ液体のこぼれや容器が悪意のある手に巻き込まれるのを恐れる理由がある場合、ニコチンのVAPE リキッドをゼロにしても、認識されるリスクはありません。確かに、人は有効成分の1つにアレルギーがあるかもしれませんが、それは蒸気を吸う一般的なアレルギー反応を起こす危険に過ぎません。

ニコチン以外のアークにはニコチンの毒性はありませんが、すべての蒸気を子供や家族のペットの手の届かないところに維持することは賢明な方法です。具体的には、ニコチンや他のさまざまな薬を持っている他の蒸気が近くにある場合。あなたは両方を手に入れるつもりはありません!また、ニコチンによる中毒の欠如は、肺に呼吸するための完全な安全性を示唆するものではないことを認識してください。それらは実際には別の問題です。

ニコチンフリーの電子タバコペンは中毒性がない

ニコチンゼロのアークには習慣形成材料はありません。

それは単純な真実です。ニコチンが中毒性のある化合物である場合、可能性のある中毒性はそれに依存します。また、カフェインの量が多いカフェイン抜きのコーヒーとは異なります。ニコチンは電子タバコsの添加物であるため、そもそもそこにはありませんでした。それは単なるオプションの成分です。

それにもかかわらず、ニコチンが含まれているかどうかに関係なく、FDAの義務付けられたラベル付け要求では、VAPE リキッドに2つのタグしか使用できません。これらは2つの選択肢のみです。

1.この製品はニコチンで構成されています。ニコチンは中毒性のある化学物質です。

2.Thisプロダクトはタバコから成っています。

どちらもニコチン以外のVAPE リキッドに関する明らかに不正確な記述です。すべての業界で発生する誤ったラベル付けの孤立した状況を確立するという事実は、非ニコチンVAPE リキッドがタバコから作られておらず、ニコチンで構成されていないという事実です。

ニコチン休憩をしてまだ蒸気を吸うことができる

ニコチンの顧客がときどき意図せずにトップを超えるのは珍しいことではありません。特に、自分の限界を発見しているだけの場合はそうです。あなたの体が「マスニコチンなし」と主張しているとしても、時にはまだ蒸気を吸いたいと思っています。

ニコチン電子液体がゼロの場合は、何も表示されません。なだ!ジュースが0 mgの場合、電子タバコを続け、ニコチンから完全に離脱することができます。

非ニコチン電子タバコを使用する必要な理由 | Vapepenzone Japan
非ニコチン電子タバコを使用する必要な理由 1

恥ずかしくない甘党を満足させる

糖尿病の人に、彼らが実際に食べてはならない味を吸うのがどれほど異常であるかを尋ねてください。ニコチンはその利点を得るために必要とされる必要はありません。ニコチンなしで血管を掃除すると、素晴らしい歯を喜ばせることができます。また、実際にはリスクが高いと思われる他のさまざまなポイントを口に入れる必要性を減らすことができます。

ニコチンなしのVAPE リキッドは一般的に販売されている

市場の真実は、非ニコチンVAPE リキッドがニコチンベースの液体と一緒に販売されないことです。そのため、アークショップの取引ビンには、いくつかのコンテナが販売されています。

ニコチンを使った気分転換を好む場合でも、先に進み、目を惹きつけた低価格のニコチンなしのジュースを購入してください。具体的には、現在低強度のジュースを吸っている場合!その味が好きになったが、ニコチンと一緒にしたい場合は、まったく同じ味のボトルを追加購入して、両方を混ぜることもできます。

たとえば、一般的に3 mg / mLを蒸気で吸っている場合や、0 mg / mLの割引ボトルを購入した場合は、6 mg / mLでもう一度味を味わってください。それらの等しい部分を一緒に混ぜると、3 mg / mLになります。ブルズアイ!それは素晴らしいコスト節約のハックです。割引率がゼロニコチンでどれほど安価であるかに依存すると、2つのコンテナーのBOGO率に確実に近くなると想像できます。私は、1ドルほど安いニコチンがまったくない巨大なコンテナを見てきました。

非ニコチン性血管は喉でより滑らかである

ニコチンは、それを吸うときに本当に感じることができます。頭や体にニコチンを感じるだけでなく、喉にぶつかったときにも感じることができます。ユーザーは風味、温かさ、そして雲を吹き飛ばすことを楽しむことができますが、ニコチンがくすぐり、喉を刺激することはありません。

非ニコチン電子タバコを使用する必要な理由 | Vapepenzone Japan
非ニコチン電子タバコを使用する必要な理由 2

日本にニコチン製品を買いにくい

薬事法の規制により、日本ではニコチン製品を購入することが難しいだけでなく、海外からの輸入も困難になっています。 対照的に、非ニコチン製品、特にe-リキッドやポッドをオンラインストアで購入する方がはるかに簡単です。

ただし、いずれの場合でも、Vapepenzoneで注文してください。ニコチンと非ニコチン製品を提供します。

よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

グローバル配送送料無料

注文8,000円以上

30日間返品

30日間の返金保証

一年間製品保証

日本地元保証

100%安全なチェックアウト

PayPal / MasterCard / Visa