Shopping Cart

価格はすべて米ドル(USD)で表示しています。

タバコと電子タバコ 体に悪いのはどちらですか? | Vapepenzone Japan

タバコと電子タバコ 体に悪いのはどちらですか?

タバコと電子タバコ 体に悪いのはどちらだと思いますか?タバコの方が体に悪そうなイメージがありますが、電子タバコの方が健康に悪影響を及ぼすという見解もあります。今回はこの話題について解き明かしていきましょう!

タバコ

タバコはタバコの葉っぱと包み紙で作られています、ライターをつけると、ニコチン・タル、一酸化炭素を含んだ季ぶりが発生し、それを吸い込むことで成分がはいを通じて血液に吸収されていきます。その結果、心拍数の上昇や、血管の収縮が引き起こされて、脳を覚醒させる作用のあるドーパミンが放出されます。このドーパミンが出たことによって、人はもっとニコチンを吸いたいと思うようになり、ニコチンが切れて、イライラするといった中毒症状が引き起こされます。タールは真っ黒のドロドロした液体で発がん性があるほか、歯を黒くしたり、未来の機能を低下させるなどの悪影響を引き起こします、そして一酸化炭素は運動能力の低下や動脈硬化を引き起こします。

タバコと電子タバコ 体に悪いのはどちらですか? | Vapepenzone Japan

電子タバコ

そこで登場するのが電子タバコです、電子タバコには、タバコやメンソールのような香りのする液体を入れて電熱でパネクすることで水蒸気化して吸い込むというもので、ニコチンもタールも、一酸化炭素も含まれていません。リキットには食品添加物や薬品のベースに使われる、プロピレングリコール、グリセリンを混合したものがほとんどで、タバコというよりも実際には味のついたきりを吸い込んでいるだけになります。もちろん通常のたばこと比べて、健康リスクは格段に下がりますが、添加物や化学物質を吸い込んでいるわけなので、体にいいというわけではありません。しかし、イギリスの研究グループでは、電子タバコはタバコよりも有害性がおよそ95%低いという研究結果がででいます。電子タバコとは? ー電子タバコを始める前に必ず知っていること

タバコと電子タバコ 体に悪いのはどちらですか? | Vapepenzone Japan

最近の研究では、電子タバコは可燃性タバコよりも依存性のリスクと重症度が低いという控えめな証拠があります。ニコチンを含まないリキッドは一般に安全であると考えられており、フレーバー化合物は実際には肺に焼けていないため、安全に摂取できると考えられています。電子タバコを使用する理由として、多くの人々が喫煙をやめるという目標に同意しています。

また、科学者は、間接蒸気によって放出される毒素を計算できるようになりました。職場環境で吸入される化学物質や金属の種類を計算するのと同じ方法でそれを行います。この計算に基づいて、科学者たちは、受動喫煙の吸入が傍観者の健康に深刻な脅威をもたらすという事実を正当化する証拠を発見していません。

したがって、電子タバコ 体に悪いというと、電子たばこはたばこよりも体に害が少ないです。しかし、健康のために、電子タバコに関する多くの情報を読むことをお勧めします。または、医師に相談して、他の効果的な方法と薬があるかないか、総合的に検討した後、自分に合った選択をしてください。

前回:どうしてJUULが日本で人気がありますのか?

次回:Relxタバコを使う時にできないこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

グローバル配送送料無料

注文$80 USD以上

30日間返品

30日間の返金保証

一年間製品保証

日本地元保証

100%安全なチェックアウト

PayPal / MasterCard / Visa