Shopping Cart
アメリカは味付きのポッド製品を禁止する予定です | Vapepenzone Japan

アメリカは味付きのポッド製品を禁止する予定です

トランプ政権はフレーバー付き電子タバコ制品を禁止する予定です。米食品医薬局(FDA)はまだ公式の見解を発表していませんが、より多くの情報は後に発表される可能性があります。

この禁止令は様々な影響を及ぼすと予想されています、以下に詳細を示します。

ジャッキー·デフスコ(Jackie Defusco)は、政策の変化がどのような製品に影響を及ぼすのかを地元のvapeのオーナーに尋ねました。

ドナルド·トランプ米大統領が、調味蒸気制品の全面禁止を解除しているようです。「禁煙児童運動」などの公衆衛生機関を怒らせました、声明によると、電子タバコを全面的に禁止してこそ、日増しに悪化している青少年の電子タバコの流行を終息させ、会社の児童中毒を防ぐことができると主張しました。

 “We have to protect our families. at the same time, it’s a big industry, we need to protect the industry.”

「私たちは家族を守らなければならない。これは大きな産業ですこれを守る必要があります」トランプはそう言いました。

タバコ制品の購入年齢を21歳に引き上げてから二周間足らずで、米政府はリフィルしてはいけないフレーバー付きのpodの販売を禁止する連邦令を発表する見通しましだ。青少年に人気のJuul カートリッジが含まれています。この禁止は、リフィル可能な電子タバコ設備には影響しないと予想されています。

 「私たちは21歳までの若者の進入を制限しています。最も重要なことは、カートリッジの味付けを禁止することです。青少年が使う製品と成人が使う製品を確認しました」と話しました。地元のvapeショップのオーナー、デイビッド(David)言いました。

他の味を全面禁止、ミントタバコの贩売の骨だけが残り、これは現地のベンダーにまで影響を及ぼしています。

「電子タバコの生産を大幅に減らさなければなリません」電子タバコ店のオーナーグレディ(Grady, 42歳)との全面禁止禁止令を発布すれば破産させ、一部製品禁止こそ、最大限に彼らのダメージを下げます。

「Podが禁止されると、売上高が10 ~ 15%減少するのが見えるかもしれません。私たちではなくタバコを遠ざけようとする人たちです」グレディ(Grady)はそう言いました。

 アメリカ食品医薬品局(FDA)が最近の禁令恐れ多く味撤退させました。メーカーは、製品が公衆の健康に有益であることを証明するために、広範な出願を求められています。

 デイビッド(David)は「たとえ一製品のテストもかかる100万ドルあまり、私は一つの小型のvape商店、我々PTAテストに十分な資金をしません。」

また、メーカーが市販前にタバコのアプリケーションを完成させることができなければ、販売できなくなります。申し込み締め切りは2020年5月。——ネルソン氏(Nelson)は、FDAを相手にした訴訟はこの点を変える可能性があると話しましたが。

前回:JUULをカスタマイズする – 電子タバコに「スキン」を」つける方法は?

次回:どのくらいのニコチンレベルを選ぶべきですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

グローバル配送送料無料

注文8,000円以上

30日間返品

30日間の返金保証

一年間製品保証

日本地元保証

100%安全なチェックアウト

PayPal / MasterCard / Visa